海外旅行の行き先決定には旅行の目的を決めることが役立ちます

海外旅行においてスーツケースに工夫をする

荷物を入れて外出するときなどに便利なのがかばんです。通常は自分の手元できちんと管理をします。大事なものならより大事にします。それほどでもないならそれほど養生しないこともあります。荷物によって対応を変えることもあります。自分で常に持っている場合にはいいのですが、海外旅行になると荷物を預ける場合が出てきます。飛行機に乗るときには機内に持ち込める荷物と持ち込めない荷物があります。持ち込めないものは預ける事になります。

預けた荷物は丁寧に扱ってもらえるかですが、なかなか難しい問題です。大量の荷物を短時間で出し入れしないといけません。そのためにかなり荒く扱われることがあります。無傷だったかばんが出てきた時には傷だらけになっていることがあります。スーツケースは丈夫だからと思っていたら故障して出てくることもあります。あるかばんは蓋が開いたまま出てくることがありました。中身も少し出ていたこともあります。

スーツケースにすると良い工夫としては、まずは目立つ目印をします。そうすると出てきた時にすぐに分かります。ステッカーなどを貼っておきますが、間違っても自分の名前などは書かないようにします。現地で名前を呼ばれてしまいます。万が一鍵などが壊れた時のために専用のベルトを巻いておきます。そうすれば開くことはありません。